夏本番!アウトドアを楽しむレディースファッションはこれで決まり!

夏本番!アウトドアを楽しむレディースファッションはこれで決まり!

夏の楽しみといえば、外で思いっきり楽しめるアウトドア。その中でも「野外フェス」や「キャンプ」などの予定を立てている人も多いのではないでしょうか。

街ではおしゃれに気を抜かない人も、いつもと違うアウトドアシーンではどんな服装をしていけばいいのか頭を悩ませるものです。「ダサいアウトドアファッションは嫌!」という人にぜひおすすめしたい、おしゃれで動けるアウトドアのレディースファッションを厳選してご紹介します。

アウトドアに重要なレディースファッションのポイント

fujirock⛰🇯🇵 土砂降りなのに楽しすぎたよぅ💞 #fujirock2018 #fujirockfestival #フェスコーデ

A post shared by ぴょんさおりーぬ (@saopyon0084) on

野外フェスやキャンプなどのアウトドアシーンを楽しむためには、タウンウェアとは違った着こなしが必要。場違いなファッションにならないためにも、どんなポイントに気をつけて服装を選べばいいのかをチェックしていきましょう。

ポイント1:アウトドアでは“動きやすさ”が必須!

View this post on Instagram

💘 . FUJI ROCK🤟🏼▶︎▶︎☮️ @milkfedjp のワンピースで山ガールっぽくしてみた!笑 #フジロック #フジロック2018 . . #fujirock #fujirock2018 #rock #fes #music #jansport #festivalfashion #oliverpeoples #milkfed #dunlop #americanapparel #plaza

A post shared by 石井亜美 (@ami_ishii_) on

アウトドアシーンで最も大切なポイントは「動きやすい」という点です。ほぼ1日中屋外にいることが予想されるアウトドアでは、短めのスカートや高いヒールのシューズなどは適しません。
キャンプ場や野外フェス会場は自然が多く足元が不安定であることはもちろん、野外フェスの場合は人が多く、もみくちゃになってしまうことも。

そんな野外でも動きやすいようにボトムスはロング丈を選ぶか、ショートパンツをチョイスしてレギンスを組み合わせるのがおすすめです。

足元は歩きやすくホールド感のあるものを選びましょう。ガンガン動くならスニーカー一択ですが、雨の可能性もあるならワークブーツやレインブーツなどもおすすめ。

野外でのケガ防止のため、足元は基本的には露出が少ないものを選ぶのが大切ですが、都市型フェスや河原でのバーベキューなどのライトなアウトドアでは、足元を涼しくキープできるサンダルもおすすめ。
その場合でも、動きやすさは何よりも大事。ストラップなどが付いており、ソールがしっかりしているアウトドア用のサンダルを選びましょう。

ポイント2:アウトドアでは”通気性の良い速乾素材”のものを

View this post on Instagram

私はフェスへ行かないからフェス気分コーデで子供たちと公園とお迎えへ。 ミニサコッシュに小銭入れとチビタオルとティッシュ入れて #これキャンプでも使えそう #ちなみに旦那はひとりフェス www . ・アウター @uniqlo #ユニクロU #パッカブルロングパーカ #結局買った #実物はかなり良い色々だった ・デニム @jonnlynx ・サンダル @tevajapan ・ミニサコッシュ @havefun.vtg #シャンパンゴールド . #ママ #sサイズ #155cm #ootd #outfit #コーデ #コーディネート #coordinate #instafashion #ワーキングマザー #ママファッション #ootd #outfit #ファッション #fashion #今日のコーデ #ママコーデ #ショートボブ #ボブヘア #公園コーデ #フェスコーデ #サコッシュ #havefunvtg #キャンプコーデ #アウトドア

A post shared by inoohca_shoko (@shoko_inoohka) on

たくさんの汗をかく夏のアウトドア。少しでも快適に楽しむために、アウトドアファッションに必要なのは「速乾性」と「通気性」です。

ぐっしょりと汗で濡れた衣類をそのまま着続けるのは不快なもの。昼にかいた汗を夕方に引きずらないため、速乾性に優れたポリエステル混の素材を使用したシャツやパンツを選ぶのがおすすめ。

またアウトドアファッションを選ぶ際には、「通気性の良さ」も必ずおさえておきたいポイント。炎天下の中で行われるキャンプはもちろん、熱気たっぷりの野外フェスでは気温も湿度も高く少しでも体温をこもらせない工夫が必要。ゆったりしたTシャツを着て少しでも風を通し、通気性をキープするようにしてください。

ポイント3:アウトドアでは“ 日焼け防止”はマスト!

View this post on Instagram

普段自分の写真あまりとらないから、幸せそうな瞬間撮ってくれて嬉しい😂💓 GOMA & The Rhythm Sectionの生音は2回目で、やっぱり期待通り楽しかった! ・ ・ 📸 @yuri96no thanks😘 ・ ・ #fujirockfestival #fujirock #fujirock2018 #musicfestival #festivalfashion #fes #musiclovers #musiclife #outdoorlife #gomaandthejunglerhythmsection #festivallife #frf

A post shared by ran (@rannnm) on

年々暑さを増している日本の夏。炎天下の中で行われるアウトドアでは日焼け対策が必須です。強い日差しから女性を守ってくれる「帽子」と「サングラス」は是非アウトドアに取り入れてほしいファッションアイテムです。

長時間太陽の下で過ごす野外フェスやキャンプ。日焼け止めクリームを塗っていても汗で流れてしまい、気づけば頬や額、鼻の頭が真っ赤か…なんてことも。なるべく直射日光を浴びないよう、つば広のハットやキャップは昼のアウトドアではマストです。
 サングラスはなるべくフレームの大きいものをチョイスしましょう。目のまわりは紫外線に弱く、きちんと守ってあげないと、アウトドアでの日焼けがシミの原因になってしまうかもしれません。

野外フェスやキャンプに!アウトドアにおすすめのレディースファッションコーディネート

View this post on Instagram

弾丸FUJI ROCK、雨に降られながらも楽しんだ最終日ー!いろいろ素晴らしかったけど、 G&G Miller Orchestraが私的ベストアクトでした^_^ 金管の音がパーンって飛んでくる感じとかほんと心をつかまれる。リズム隊もより際立っててめちゃくちゃかっこよかった!やっぱりビックバンドはかっこいい! #fujirock #fes #フェス #フェスコーデ #bobdylan #jackjohnson #outdoor #アウトドア #アウトドア女子

A post shared by fusa (@fupii) on

アウトドアファッションで気をつけるべきポイントを紹介してきましたが、実際にどんなコーディネートがいいのか、具体的な例を出してご紹介します。アウトドアファッションにあまり詳しくない人も、これを参考して自分に合ったコーディネートを見つけてください。

おすすめコーデ1:山ガール風アウトドアコーディネート

画像引用元:https://wear.jp/0617006/12671913/

View this post on Instagram

💘 . FUJI ROCK🤟🏼▶︎▶︎☮️ @milkfedjp のワンピースで山ガールっぽくしてみた!笑 #フジロック #フジロック2018 . . #fujirock #fujirock2018 #rock #fes #music #jansport #festivalfashion #oliverpeoples #milkfed #dunlop #americanapparel #plaza

A post shared by 石井亜美 (@ami_ishii_) on

こちらのコーディネートのポイントはグレーのレギンス。素肌にショートパンツでもいいのですが、キャンプや野外フェスでは、虫に刺されてしまったり、転んでケガをしてしまうことも。それらを事前に防ぐ為に足を保護するのは大切です。
また、レギンスというとブラックを選んでしまいがちですが、このコーディネートのようにグレーを選ぶことで全体的に涼やかな印象に。見た目と機能性どちらにもこだわりたいですね。

おすすめコーデ2:ハイウエストジーンズでトレンドミックスコーデ!

View this post on Instagram

. . . ☹️ 今年こそ アウトドア活動。 . . . tops // #patagonia bottoms // #theshinzone shose // #teva . . .

A post shared by misuzu ishigami (@m__s_zzz___) on

こちらはキャップ、Tシャツ、ジーンズという定番コーディネートですが、ハイウエストジーンズを合わせることでグっとトレンド感が出ています。ボトムスが重い印象な分、すっきり感を出すためにTシャツはパンツインがベター。また、Tシャツをゆったりしたサイズ感にすることで、リラックスしたアウトドアの雰囲気を出すことができます。

足元はあえてアウトドアサンダルをチョイス。デニムの重さを軽やかに、全体を涼やかにみせてくれます。サコッシュを斜めがけして、一気にアウトドア感をアップさせましょう。

おすすめコーデ3:ゆったりシルエットがかわいいビックTコーデ!

View this post on Instagram

ここは苗場⛰ 何年ぶりかのFUJIROCKきたよー🙌 #もう雨降ってる☂️ #FUJIROCK #お酒1杯で酔っ払いの私 #TシャツはメンズのXLだよ😙

A post shared by Miho Nojiri 野尻美穂 (@miho_cocoa) on

今人気のビッグシルエットTシャツはかわいくて、風通しも良くアウトドシーンにぴったりです。もたつく袖口はロールアップでスッキリと。ドロップショルダーのゆったりシルエットに対して、ボトムスはスリムなスキニータイプを選びましょう。コーディネートのバランスが良く、着膨れして見えません。

また、スキニーパンツの時の足元は、サンダルでもスニーカーでもボリュームのあるタイプを合わせるのがおすすめです。

おすすめコーデ4:こなれ感のあるアウトドアワンピコーデ!

View this post on Instagram

ファイナルセール、たくさんのご来店ありがとうございます◎ 明日までの限定価格をお見逃しなく! TODAYFULからはいますぐ取り入れられる新作が盛りだくさんの入荷! もちろんレイヤード次第で秋冬も大活躍な万能なものばかりですよ^^ #lifes#TODAYFUL#onepiece #dress#dot#coodinate#staffcode #コーディネート#キレイめカジュアル#カジュアルコーデ#大人カジュアル #大人女子#大人可愛い#ママコーデ#フェスコーデ#カジュアル#女子会#リラックスコーデ#休日コーデ#seaberth#セレクトショップ#富山#TOYAMA#総曲輪#seaberth_official

A post shared by SEA BERTH (@seaberth_official) on

さらっとした素材感の柄物ワンピースは、アウトドアで使えるおしゃれなアイテム。特に野外フェスなどでは、さりげなさがありながらも意外と目立てるのでおすすめです。

さらに通気性も良いので、真夏のアウトドアにはぴったり。インナーにノースリーブのカットソーを合わせれば、露出を抑えることができるので安心です。

丈は動きやすさを考えて、ふくらはぎくらいの長めをチョイス。足元のサンダルでアウトドア感を出していきましょう。

おすすめコーデ5:ビビッドなレインブーツがかわいいボーイッシュコーデ!

View this post on Instagram

今年も行ってきましたフジロック! 今回も休みの関係で1日のみ😢 迫り来る台風に怯えてたけど 雲ひとつない晴天☀️ やっぱり私、雨女卒業したみたい💓 とにかく踊って歌って笑ってはしゃいで幸せな1日でした😍 またしばらくフジの更新続きます👏 . . . #fujirock #2018 #フジロック #夏フェス #苗場 #music #fes #フェスコーデ #milaowen #doublestandardclothing #hunter #zara #arkteryx #kalmar #oliverpeoples #chloe #フェスファッション #offday

A post shared by Aoi (@aoioa) on

ホワイトタンクトップにデニム素材のショートパンツを合わせたボーイッシュなコーディネート。バングル等の小物がコーディネートのバランスを整えます。

おとなしくなりがちなコーディネイトですが、足元にオレンジのレインブーツを合わせることでアクセントを持たせるのがポイント。また、ロングタイプのレインブーツを合わせることで、肌の露出を軽減させる役割もあります。安全性とファッション性を兼ね備えた、ロング丈レインブーツはショートパンツ派におすすめのアイテムです。

まとめ

暑い夏のアウトドアを快適に楽しむためには、「どんなファッションをしていくか」が大きなカギになります。せっかくのアウトドア、快適なだけでは物足りないですよね。おしゃれで快適に過ごせるアウトドアファッションを見つけて、思いきり楽しんでください!

人気の記事